後から来る予定の兄貴は夜になっても一向に姿を見せず、困惑する僕に夢さんは強引なくらい挿入をねだってきた…。二階堂夢